【デミオ】安全性の評価

この記事は6分で読めます

 

 

自動車保険で

損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

自動ブレーキとは?

 

自動ブレーキとは、衝突被害軽減ブレーキとも呼ばれ、車や建物、人を検知してぶつからないように自動車が自ら速度を落とす、もしくは停止するシステムのことです。

自動車メーカー各社で名称は違いますが、10年程前から装着されており、最近ではメジャーなシステムになっています。

 

2018年時点では日本車の新車の66%が何らかの自動ブレーキが採用されています。

日本政府では乗用車に対する自動ブレーキの搭載を義務化していこうという動きもあり、今後の採用率はさらに上がっていくと予測されています。

乗用車以外では、3.5トン以上の大型トラックには自動ブレーキの搭載が義務付けられています。

 

また、税金の控除、免除も合わせて行われており、自動ブレーキ搭載トラックへの買い替えが進められています。

バスについても同様に自動ブレーキ搭載の義務化が決定し、税金の控除や減税も行われています。

 

 

 

 

自動の、車や人を検知するシステムは何種類かあります。

車体にカメラが搭載されており、人や車両を検知するシステムは、日産やマツダが主に採用しています。

デミオもこのカメラ検知型のシステムを搭載しています。

 

ミリ波と呼ばれるレーダーや、レーザーレーダーとカメラを組み合わせることで人や車両を検知するシステム、これは主にホンダや三菱、スズキが採用しています。

 

カメラ2台によって立体的に歩行者や車両を検知するシステム、これは主にスバルやスズキ、ダイハツが採用しています。

各社ともモデルによって搭載するシステムが変わることがあり、例えばマツダでは赤外線レーザーを搭載するモデルやミリ派レーダーを搭載するモデルもあります。

 

 

 

 

日本車で初めて自動ブレーキを搭載したのがスバルで、現在ではシステムの進化が進み3代目となっています。

他のメーカーも日進月歩で技術が進歩しており、毎年どこかのメーカーで新技術の発表、新モデルへの搭載が行われているような状況です。

 

以前はディーラーオプション、もしくは上級グレードのみに搭載されていることが主でしたが、最近では標準装備されていることも多くなってきました。

 

 

 

 

 

デミオでも2018年モデルではアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートが全車標準装備されています。

自動ブレーキ非搭載モデルへの後付けはできませんが、前方の車を検知して警告音を出すような物は市販されています。

 

自動ブレーキの動作条件は各車で違う為、注意が必要です。

自分の車の自動ブレーキがどういった条件で動作するのかは把握しておくべきです。

速度に制限がある場合が多く、速すぎる場合、遅すぎる場合は動作しないシステムもあります。

 

カメラの認識率が下がる夜間や雨天では過信しないことも重要です。

障害物の形状や材質によっては動作しないこともあります。

尚、自動ブレーキ搭載車で事故を起こした場合の責任は全て運転手が負うことになっています。

 

 

スポンサードリンク


 

【デミオ】横滑り防止機能とは?

 

横滑り防止機能とは、コーナリング中に車の姿勢を安定させる装置のことを言います。

 

一般的には、日陰で路面が凍結していた際などの急な路面状況の変化や、動物の飛び出しを避ける為に急にハンドルを切った際などに機能し、車体を安定させるシステムです。原理としてはブレーキやエンジン出力を調整し車両の安定をはかります。

 

各社で名称が違うのですが、マツダの場合はDSCと呼ばれています。

 

 

 

 

オーバーステアやアンダーステアが発生した場合、タイヤ回転数を制御して横滑りを抑える、と説明されています。オーバーステアとは、いつもと同じだけハンドルを切っているのに、より小回りしてしまうことを言います。

 

後輪のグリップが無くなった場合や前輪のグリップが強すぎる場合に発生します。雪道の下り坂のカーブなどで起こりやすいです。

 

アンダーステアはその逆で、同じだけハンドルを切っているのに、曲がらないことです。前輪のグリップが弱くなっている場合や後輪のグリップが強すぎる場合に発生します。路面のグリップが良くないとき、例えば雪道の加速時にハンドルを切っていると起こりやすくなります。

 

オーバーステアは程度がひどい場合はスピンしますし、アンダーステアは曲がらない為に路肩に飛び出します。普通に運転している場合はあまり発生しませんが、過度にスピードを出した場合や上り坂や下り坂、雨や雪といった条件で発生することがあります。

 

 

 

 

 

デミオの場合はオーバステアが発生した場合は外側のタイヤにブレーキをかけてスピンを回避します。

 

アンダーステアが発生した場合は内側のブレーキをかけるとともにエンジンの出力を下げ、なんとか曲がるように調整します。急な横滑りが発生した場合に横滑り防止機能に頼らず人間の手だけで対応するとなると、瞬間の判断や高度な操縦技術が必要になります。

 

雪の降る地方では横滑り防止機能はあるに越したことはない装備でしょう。

 

 

スポンサードリンク


 

【デミオ】搭載可能な安全機能紹介

 

マツダでは安全性を高めるために全車がサポカーS・ワイド該当車になっています。サポカーとは国が定める安全運転サポート車のことで、機能によってサポカー、サポカーSと区分があり、サポーカーSの中でもクラスが分かれます。

 

サポカーSベーシック、サポカーSベーシック+、サポカーSワイドという名称になっており、サポカーSワイドが一番高機能知負う評価になっています。

 

デミオの装備としては、車線逸脱警報システムを全車種で搭載しています。時速45キロ以上で走行中に車線を踏み越えるような動作があった場合、車内に警報が鳴ります。居眠り運転の防止に効果的な機能ですが、車線が消えているような道路や雪道では機能しません。

 

 

 

 

 

ブラインド・スポット・モニタリングという機能も搭載しています。自車の隣の車線後方から来る車がある場合、ドアミラーに装備されているインジケーターが点灯し接近を知らせます。車線変更時に死角にいる車の存在を知らせてくれる機能で、これも標準装備となっています。

 

 

リア・クロス・トラフィック・アラートという機能も標準で搭載されています。バックで駐車場から出る場合、接近してくる車を知らせてくれるという機能です。

 

 

アダプティブ・LED・ヘッドライトという機能は、一部のグレードでの採用となっています。ハイビームやロービームを自動で切り替えるだけでなく、照射範囲をアクティブに変更することで対向車をまぶしくさせずにより広い範囲を照らします。

 

 

ドライバー・アテンション・アラートという機能も一部グレードでの搭載となっています。時速65キロ以上での走行時の運転の挙動を学習し、異常な動作があった場合に休憩を取ることを勧めるといったアラートを出すという機能です。

 

運転時間を監視し警告を出す機能を搭載した車やナビゲーションシステムはありましたが、挙動を学習し異常動作を検知するというのは珍しい機能ではないでしょうか。

 

 

 

 

エマージェンシー・シグナル・システム、この機能は全車搭載、時速55キロ以上で急ブレーキを踏んだ際にハザードランプが高速点滅し後続車に危険を知らせるシステムです。高速道路などでの追突事故や玉突き衝突を防ぎます。

 

 

そして目玉のアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート。前方の車両や歩行者を検知した場合ブレーキをかけるという自動ブレーキシステムです。対向車については時速4キロから、歩行者については時速10キロから動作します。

2018年現在」

 

 

スポンサードリンク


 

 

【マツダデミオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【マツダデミオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

スポンサードリンク