【デミオ】おすすめオプションパーツはこれだ!

この記事は8分で読めます

 

自動車保険で損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

メーカーオプションとディーラーオプションの違い

 

簡単に言うとメーカーオプションとは、自動車製造時に取り付けるオプションパーツです。工場のラインで取り付ける物だと考えてください。

 

一般的にはサンルーフ、電子制御式の安全装備等が当てはまります。

 

納車された後からメーカーオプションを取り付けることはほぼできません。購入時はよく考えて取り付けましょう。

 

ディーラーによりますが、新車購入時の自動車ローンと一緒にしてしまえることも多く、低金利で購入、取り付けることが可能です。

 

 

 

ディーラーオプションとはディーラー、つまり販売店で取り付けることが可能なオプションパーツです。

 

アクセサリーと呼んでいるメーカーが多く、マツダもその一つです。

 

購入後にも取り付けることもできますが、購入時に取り付けてもらった方が保証も付く上、工賃が安く済むことが多くなっています。

 

購入時ならば定価より安く購入することができる場合が多く、価格交渉の材料の一つになっています。

 

 

 

 

ディーラーオプションは技術があれば自分で取り付けることも可能です。

 

ほとんどのディーラーオプションは外装部品は1年、その他は3年の保証がつきますが、自分で取り付けた場合は保証対象外となることが多いようです。そういった点でもやはり購入時に取り付けてもらった方がお得です。

 

それではデミオのおすすめオプションについて、一部ですが紹介します。

 

 

スポンサードリンク


 

デミオのおすすめメーカーオプション

 

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー

 

このオプションパーツをつけるとCD、DVDが再生可能になります。

ただし純正でもUSB端子はありますので、USBメモリに入れた音楽は再生可能です。

運転中にテレビは見ない、音楽はUSBメモリで十分、という方は不要なパーツでしょう。

 

しかし、ドライブ中、ラジオや持っているCDに飽きてサービスエリアでCDを買うという経験は多くの方がしているものです。

 

そういった場合はこのCDプレーヤーがなければ聞くことはできませんので、あるに越したことはないでしょう。

 

 

 

 

セーフティパッケージ

 

ブラインド・スポット・モニタリング(リア・クロス・トラフィック・アラート機能付)と車線逸脱警報システム、ハイ・ビーム・コントロールシステムがセットになっているパッケージです。

 

ブラインド・スポット・モニタリングは、近づいてくる車があるとドアミラーに警告が点灯するという機能です。車線変更時、死角にある車を察知することができます。駐車場からバックで出る際も近づいてくる車があると警告してくれます。

 

 

 

車線逸脱警報は、最近メジャーになってきた車線逸脱時に音で警告してくれる機能です。居眠り運転防止にも役に立ちます。

 

 

ハイ・ビーム・コントロールシステムは、対向車があるときはロービームに、いなくなるとハイビームに、自動的に変更してくれるシステムです。

 

2017年モデルからはアダプティブLEDヘッドランプという名前になり、照射方向がアクティブに動くように、より進化しています。

 

 

スポンサードリンク


 

デミオのおすすめディラーオプション

 

シャークフィンアンテナ

 

ルーフ上にワンポイントとなるアンテナが付きます。ラジオの感度がよくなるだけでなく、最近の研究では空力が良くなり、燃費の向上に役立っているということがわかっています。

 

ボディカラーと同じ物をつけることもできますが、別の色も選択可能です。

 

 

 

 

ステアリングシフトスイッチ

 

いわゆるパドルシフト、ハンドルから手を放すことなくAT車のシフトチェンジが可能になります。

 

一部上級グレードには標準装備されていますが、このステアリングシフトスイッチとアルミペダルセットを装備すると運転席がぐっとレーシーな雰囲気になります。

 

ワインディングなどのスポーティーな走りが好きな方にはおすすめのオプションです。

 

 

 

エアロパーツ一式

 

フロントアンダースカートとサイドアンダースカートとリアルーフスポイラーです。

3つまとめての説明とさせていただきますが、単体での購入も可能です。

 

フロントスカート、サイドスカートはデザイン的にワンポイントとなり、レーシーな雰囲気を醸し出します。

 

 

 

 

 

 

 

リアルーフスポイラーは空気の流れを変え、ハンドリングがスムーズになり、燃費の向上も期待できます。

 

外観も変わりますので、人と違うデミオを演出したい方におすすめです。

 

 

 

デイライトキット

 

常時点灯型のポジションランプですが、車内ディスプレイの減光、テールランプの点灯はしません。歩行者、対向車から視認性を上げ、事故を防ぎます。

 

常時点灯するためのライトですが、オフスイッチもついており、不要な場合は消灯できます。

 

LEDの光は昼間でも目に入りやすいので、飛び出しなども防ぐことが期待できます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DJ系デミオ・DK系CX-3専用 イルミデイライトキット Ver3.0
価格:6480円(税込、送料別) (2018/11/25時点)

 

 

 

 

フットイルミネーション

 

車内の足元を照らすランプです。ライト点灯に連動して点灯しますので、夜間ドライブの際には雰囲気が出ておすすめです。

 

雰囲気だけでなく車内に何か落とした際も便利です。青のランプと白のランプが用意されていますのでお好みで選んでください。

 

 

 

リモコンエンジンスターター

 

離れた所からエンジンをスタートさせることができるだけでなく、停止させることもできる優れものです。エンジンの暖気や車内温度の調整に使用します。

 

このリモコンエンジンスターターはエンジンの動作だけでなく、手元で車内温度もわかりますので非常に便利、冬場の雪国にはおすすめのオプションです。

 

 

 

 

各グレードの必須オプション

 

13C以外のモデルであれば、ナビゲーション用SDカードは必須です。

 

13Cではマツダコネクト非搭載なので、ナビは外付けを用意してください。純正ではカーナビが搭載されておらず、スペース的に社外品のナビの搭載も難しくなっています。

 

 

このナビゲーション用SDカードがあれば、マツダコネクトに5万円弱でカーナビ機能が追加できますので必須でしょう。社外品のナビだと10万円程度かかりますので、値段も良心的です。

 

 

 

また、アクリルバイザーもあると便利な一品です。

 

風切り音やデザインから取り付けない方もいるようですが、雨天時の運転では効果を発揮します。

 

付けた方からは付けておいて良かった、付けなかった方からは付けておけば良かった、という口コミも多いオプションです。

 

 

 

高速道路を利用する方にはETCも必須なオプションです。

 

ETCを使った際には高速道路の料金優遇もありますので、ETCを取り付けた際のオプション料金もすぐに回収できるのではないでしょうか。

 

ノーマルモデルが3万円から、ETC2.0のナビ連動型だと6万円弱です。

 

 

スポンサードリンク


 

【デミオ】おすすめオプションパーツまとめ

 

 

13C以外のモデルであればナビゲーション用SDカードは必須ですが、後から購入することもできますし、自分でインストールすることも難しくありません。

 

金額的に厳しいのであれば、SDカードを後回しにしてメーカーオプション、安全装備一式を入れるのをおすすめします。

 

高額になりますが、安心感を得ることができる上に保険料が安くなることも多くありますので、長い目で見るとお得です。

 

ディーラーオプションとしてはやはり鉄板のアクリルバイザーがおすすめです。

 

 

 

 

商談の最後の段階で、このオプションを付けてくれたらはんこ押すんだけど、といった交渉方法を使い、オプションをサービスしてもらう方法は広く知られています。

 

値引きの範囲内であればディーラーの営業さんも対応してくれますので、交渉してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【マツダデミオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【マツダデミオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

スポンサードリンク