【デミオ】タイヤ交換とおすすめホイール

この記事は6分で読めます

 

自動車保険で損してませんか?

 

自動車保険の相場というのは、気付いた時にはガラッと変わっていることがあるのです!

損をしないためにも、定期的に自動車保険の相場をチェックすることをオススメします。

 

自動車保険の相場~騙されない相場目安はコレだ!

http:/jidousha-hokenn.biz/

 

 

 

車にあまり詳しくない方には、タイヤ交換はどうすればいいのかわからないという方も多いでしょう。

 

なにも考えず車検に合わせて交換、という人も多いものですが、実は損をしているかもしれません。

 

ここではマツダ・デミオを例にタイヤ交換のポイントと、おすすめのタイヤホイールを紹介いたしましょう。

 

【デミオ】タイヤのホイールサイズ

 

タイヤ交換を考える場合、最初に確認しなければいけないのがホイールサイズです。タイヤがホイールサイズに合わないと取り付けられなかったり、車体を傷つけたり事故の原因となりますので、注意が必要です。

 

2018年現在販売されている2014年発売の4代目デミオには、大きく分けてガソリン車6タイプとディーゼル車5タイプ、全11グレードがあり、ホイールサイズは15インチと16インチの2タイプがあります。

 

ただし、16インチに対応しているのはガソリン車の15S Touring L Packageとディーゼル車のXD TouringXD Touring L Package 3タイプのみです。所有されているデミオのタイヤホイールのサイズがわからない場合は、運転席ドアを開け、ボディー側に貼られているラベルに記載されています。

 

ホイールを交換することでクルマのイメージは大きく変化し、カスタム感を出すことができます。ですが、初心者の方だとどんなホイールに換装すればよいかわからず、悩むことも多いでしょう。

ホイールの選び方で押さえておきたいポイントは3つ、「シンプルさ」「軽量さ」「デザイン」です。

 

「シンプルさ」とは、具体的にはスポークの本数のことを意味します。スポークの本数が多すぎると、洗車や手入れがしにくくなります。具体的には、スポークが12本以下のものが、洗車や手入れがしやすく、扱いやすいでしょう。

 

ホイールを軽量化することで車体全体の重量を軽減することができます。軽量化によって走行性能や燃費の向上が見込めます。そのため、ホイールの選択の際には、重量も気にしたいポイントのひとつです。

 

上記のポイントを押さえた上で、どのようなデザインのホイールを選択するか考えてみてください。スポーティさを強調したいのか、高級感を演出したいのか、あなた好みのデザインを選びましょう。

 

16インチ対応のホイールであればYOKOHAMA WHEELのアドバンレーシングRZシリーズやENKEIPF0115インチならWORKのエモーションCR kiwamiシリーズなどがあります。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ENKEI PF01 16inch 5.0J PCD:100 穴数:4H カラー: Matte Black エンケイ ホイール
価格:15780円(税込、送料別) (2018/11/25時点)

 

 

 

 

 

 

タイヤの値段とタイヤ交換にかかる費用

 

自動車のタイヤは冬季以外のシーズンに使うノーマルタイヤ(サマータイヤ)と、冬季に使用するスタッドレスタイヤの2種類があります。

 

ノーマルタイヤは夏季の気温化で使用することを考慮した硬質のゴム製で、雨天に濡れた路面を走行してもグリップが効く構造になっています。

一方スタッドレスタイヤは冬季に雪の積もった路面での使用を想定しており、ノーマルタイヤと比較して柔らかい材質で、溝がより深いことが特徴です、ただし、夏季の使用には適していません。

 

 

 

 

ネットの価格比較サイトでノーマルとスタッドレス、それぞれの売上人気ベスト20を比較すると、ノーマルタイヤで最も高いものが10114円、安いもので2290円、平均価格は6077.75円、スタッドレスタイヤで最も高いものが12860円、安いもので4270円、平均価格は7679.85円となっています。(2018年現在、価格はタイヤ一本あたり)

 

 

中には平均価格帯と比較して極端に安いものも見られますが、耐久性に疑問があるといったレビューも見られるので注意が必要でしょう。品質の安定した国産のタイヤがよいかもしれません。

 

タイヤ交換にかかる費用は、交換を依頼する業者によって変わってきます。一般的に費用が最も高くかかるのは正規のディーラーで、安く済むのはガソリンスタンドと言われています。

 

実際にタイヤ交換にかかる費用は1本あたり1000円から2000円程度です。それとは別に外した古いタイヤを廃棄する費用が数百円程度かかります。タイヤ専門店で購入した場合はタイヤ代金に交換費用が含まれることもあります。

 

 

スポンサードリンク


 

タイヤ交換できる場所のメリットとデメリット

 

タイヤ交換が行える業者を分類すると、おおよそ次の通りとなります。

 

・ディーラー

・カー用品店

・自動車整備工場

・タイヤ専門店

・ガソリンスタンド

 

タイヤ交換にかかる費用は前述の通り、一般的にはディーラーが最も高く、ガソリンスタンドで行うのが最も安いとされていますが、費用以外にも業者ごとにメリットとデメリットあることを理解して、ニーズにあった業者を選択するべきでしょう。

 

 

 

 

タイヤ交換をディーラーで行うのが最も高くつくというのは確かに事実であり、デメリットです。しかし、ディーラーはその車種を取り扱っているわけですから、性能や特性を理解しています。クルマの知識に自信がない人でも、安心して任せられるのは大きなメリットでしょう。

 

都合に合わせてクルマを取りにきてくれるなど、忙しいときでも任せられ、費用に見合ったサービスを受けられることが最大のメリットです。

 

 

カー用品専門店の場合、その店の経営形態によってタイヤ交換にかかる費用が異なります。例えばオートバックスの場合、各店舗が独立した会社として経営されている(フランチャイズ経営)のため、店舗によってタイヤ交換の価格に違いがあります。また、自社ブランドのタイヤは中間マージンが省かれるので安く交換できますが、他社のブランド品を購入したい場合は割高になります。

 

 

 

 

ガソリンスタンドはタイヤの交換費、調整費ともに安く抑えられており、1本あたり1000円程度で済むことが多い傾向です。

 

ただし、ガソリンスタンドの場合、交換作業を行うのは主にバイトの店員のため、作業のクオリティに不安があるという声もあります。

 

実際のところは店舗によって差がありますので、安心がおける店舗を利用する限りにおいては、お得でしょう。

 

 

 

 

タイヤを購入するだけなら、ネットの価格比較サイトを利用し安いものを購入するというのが、最も費用を安く抑える方法ですが、そのタイヤを業者に持ち込んで交換作業だけ依頼する場合は注意が必要です。

 

もともとタイヤ交換にかかる作業費は利益が薄く、それだけでは業者にとって、あまり旨みのある話ではありません。業者としては、やはり交換作業はタイヤ購入とセットで行いたいと考えるものです。そのため、業者によってはタイヤの持ち込みによる交換をNGとしたり、通常より高い工費で行うところもあります。

 

つまり、別個に購入したタイヤを持ち込むことができても、費用全体としてみた場合、割高につく可能性も高くなるわけです。別個購入したタイヤで交換作業を業者に依頼したい場合は、あらかじめ利用したい業者が持ち込み交換に対応しているか、またその費用はどれくらいかかるかを事前に調べておいた方がよいでしょう。

 

 

業者によってメリット・デメリットは分かれます。多少費用が割高につくとしてしても、一任して任せた場合はディーラーを、とにかく費用を安く抑えたいのであれば、ガソリンスタンドを利用したり、ネット購入したタイヤを持ち込みで交換するのが賢いやりかたです。

 

 

スポンサードリンク


 

【デミオ】タイヤ交換とおすすめホイールまとめ

 

どの業者にタイヤ交換を依頼すれば良いかは、タイヤ交換に求めるニーズによっても違ってきます。

 

費用が多少高くついてもクオリティを重視するか、とにかく費用を抑えていきたいか、検討したうえで業者を選択しましょう。

 

 

 

【マツダデミオ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【マツダデミオ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。


 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードリンク

おすすめカテゴリー記事

スポンサードリンク